総量規制対象外カードローンならここ!まだ借りれる銀行

総量規制対象外カードローンならここ!まだ借りれる銀行

 
総量規制対象外カードローンならこちら!

↓まだ借りれる総量規制対象外カードローン申し込み↓

 

そもそも総量規制ってどんな内容?

2010年、新たに施行された改正貸金業法です。
この総量規制を実施した主な理由としては、債務者への過剰貸付を防ぐ為です。

そのため利用者は年収の3分の1を超える借入ができないようになりました。
つまり年収300万円の方の場合であれば100万円以上の借入ができないというのが総量規制ということになります。

総量規制の対象となってしまう借入はどんなものがあるの?

1.消費者金融での借り入れ
2.クレジットカードのキャッシング
3.信販会社のキャッシング

じゃあ総量規制対象外ってどんな意味?

総量規制対象外とは、貸金業法で定められた総量規制の「例外貸付」や「除外貸付」とされる借り入れのことです。

「例外貸付」=緊急の医療費など、例外的に総量規制の対象外になるもの
「除外貸付」=住宅ローン、車のローンなどは最初から総量規制の対象外とされています。

具体的な総量規制対象外になる借り入れはどんな内容?

1.住宅ローン
2.自動車ローン
3.高額療養費による借り入れ
4.有価証券担保による借入
5.不動産担保による借入
6.金融取引業者から500万円を超の借入
7.売却予定不動産の売却代金により返済できる借り入れ
8.貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
9.手形の割引(融通手形を除く)

既に消費者金融で借り入れがあってもまだ総量規制対象外で借りれる?

総量規制対象外としてまだ借りれる方法があります!

それは銀行のカードローンは総量規制対象外となるため、安心て借りやすい銀行カードローンがおすすめです。

銀行法においては総量規制という規制が存在していません。

銀行は独自の審査を行っているので、その審査において返済能力に問題が無いと判断されれば例え年収の3分の1以上だとしても借入をすることができます。
つまり、既にクレジットカードのキャッシングや消費者金融で複数の借り入れなどがあっても銀行であればまだ借りれるということになります。

でも、銀行カードローンの審査って消費者金融の審査により難しいんじゃないの?

実はそうではないのです。銀行カードローンもキャンペーンなどを行ってる時期は審査に通りやすい傾向にあったり、消費者金融と違う審査方法をしてるため、他社借り入れ件数なども影響されませんから、銀行でまだ借り入れをしたことな方で、ちゃんと勤務されて収入がある方であればそんなに難しく考える必要はないといえそうです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンのメリットの違いは?

やはり消費者金融のカードローンのメリットは審査自体がスピーディーで土日などでも即日融資を謳ってる会社が多いですね。

銀行はその点は当然土日休みですし、審査時間も若干ではありますが消費者金融よりは多少時間を要するケースが多いようです。
しかしながらその分、銀行カードローンのほうが断然金利が低いですから、返済のことを考慮すれば銀行のほうが安心です。

派遣やアルバイトでも銀行カードローンの審査って通るの?

きちんと毎月安定した収入があれば派遣やバイト、パート、自営業、フリーなどの方でも全く問題なく審査に通るかと思います。

雇用形態や業務内容などは関係ないので、たとえ水商売(キャバクラ、デリヘル、風俗など)であっても収入があれば借りれることになります。

カードローンとキャッシングの違いってそもそも何が違うの?

一言で言うと、カードローンは定額を返済していくもの、キャッシングは借りた分だけ翌月には全額返済しなくてはいけないもの、になります。

短期の借り入れで翌月にはすぐ返済したい場合はキャッシング、大きめの金額を借りて、毎月無理のない返済額で返したい場合はカードローンになります。
長い目で合計して考えればカードローンのほうがより多く利息を返済していかなければいけないとも考えられますので、どちらがいい悪いではなく、自分に合ったプランを選ぶとよいでしょう。